寝具を見直せば肩こり腰痛が治るかも

人間の1日の約4分の1から3分の1は睡眠で出来ています。
またしっかり睡眠をとる事によって健康、美容にもとっても大事な事なのです。
つまり人生を80年ととらえると20年近くは寝ていることになります。
それだけに良い睡眠というのは大事です。

枕1つをとっても高すぎたり低すぎたり、柔らかすぎたり硬すぎたりする枕は頭や首や肩に無理な姿勢や緊張を生ませ、頭痛・肩こり・腰痛の原因に原因になります。
マットレスも適当なものを選ばずに自分に合ったものを選ばなくては体調不良の原因となります。

何を基準に考えるべきなのか、というと自分自身の体重を元に、高反発マットレスの反発力を選ぶのが正解です。
出典:高反発マットレスの理想的な選び方とは?事前に押さえておきたい5つのポイント|高反発マットレスのススメ

寝ている時間は無意識に過ぎるものですが目が覚めている時間よりも、同じ姿勢でいる時間が長くなるため、マットレスがあまりにも硬すぎたり柔らかすぎたりと、腰に大きな負担がかかってしまいます。
一度は誰もが経験したことがあるであろう、「寝すぎたため朝起きたときに異様に身体が疲れていた、もしくは痛かった」というのはマットレスが原因で起こります。

マットレスは柔らかい低反発マットレスと、硬い高反発マットレスがあります。
個人差はありますが出来るだけその中間のマットレスを選ぶと良いでしょう。
なぜなら柔らかすぎるマットレスは仰向けに寝た場合、基本的にお尻を中心にマットレスの中に沈み込むため腰には負担がかかります。
硬すぎるマットレスではお尻に対する反発が大きいため今度は、マットレスに沈みこもうとするお尻の下向きの力に対してそのまま反発するので結局腰に負担がかかります。
マットレスを選ぶときは実際に寝てみて確かめてみるのが良いでしょう。
これもまた個人差があるようですが、マットの良さにすぐ実感出来る人と1週間ほど使用してから実感する方もいるそうです。

私は先月、新しい枕を購入しました。それまでの枕は私が生まれてからずっと、23年間使ってきたもので、中にビーズのような詰め物の入ったものでした。
私が今回枕を買い換えようと思ったのは枕の高さについて不満があったからです。
私はほとんど横向きに寝ているので首が横に曲がった状態でいつも枕に頭を置いていました。
そのため、特に長時間寝た後によく首や肩が痛くなっていました。
そこで今回は高さが調節できる枕で、なおかつ沈み込みすぎない程度の高反発枕にしたいと思っていました。

少しおしゃれな雑貨屋さんで自分へのご褒美として少し値段の高めの枕を購入しました。
中反発~高反発の枕でほどよく優しい柔らかさの枕で、専用の枕カバーも2枚購入しました。

高さも中の詰め物の枚数を変えれば3段階に調節できます。私は結局一番高めにしていますが、とても快適に寝られるようになり、方や首のこりはなくなりました。
毎日の睡眠を快適なものにするため、寝具はちゃんとしたものを選ぶ必要があることを実感しました。

自分に合った寝具とは?腰痛持ちの寝具選定

皆さんは、毎晩ぐっすり眠れていますか?
我々の人生の3分の1は布団の上にいる事を考えると、やはり心地よく眠りたいですよね。
若い時から腰痛があり、寝具には色々こだわって来ました。
体に合わない布団は翌日起きた時、必ず腰に来ます。

ある時、テレビのコマーシャルで低反発の布団の宣伝がありました。
これで寝ると痛かった腰が嘘のように消えた。とコマーシャルでは言っています。
この言葉に飛びつき、すぐに注文しました。
程なくして、敷布団が到着しました。空気を抜いているのでぺったんこ状態で送られてきます。少し重みがありずっしりしています。
早速ベッドの上にセットしその日から利用しました。
翌日の寝起きを楽しみにして。朝起きてみると、腰が痛い。痛い。私には合いませんでした。
寝るときから、体が沈んだ様に感じ腰の当たりに違和感がありました。残念ながら返品しました。

そこで、高反発マットレスが腰に良いと聞いたので、さっそく使ってみることにしました。
最近変えたばかりなので、すぐに効果があったのかはわかりませんが、少し腰の痛みが治まった感じがします。
布団だけの状態と比べると、腰があまり沈まないんです。
理屈の上では体が沈まないので背骨にいいような気がしました。

重さがかかる部分は適度に沈み込み、そこまで重さがかからない部分は元の形状をキープ。これが高反発マットレスの最大の特徴になります。
出典:腰痛改善?!話題の高反発マットレス人気ランキング/高反発マットレスのススメ

マットレスの自体の重みは結構重みがあります。
また私の購入した物は夏用の面と冬用の面がありました。
なので季節によって変える手間が省けます!

体を乗せた所、布団の沈み込みは殆どありませんので、高反発って言う位だからなんとなく、寝返りも打ちにくいのかなぁと思っていたのですが、杞憂でした。
けど、枕は低反発のを使っているんです。なんか包まれる感じがして気持ちいいんですよ。これもまた、寝返りも打ちやすいし。
これなら大丈夫ではと思い早速その日から寝てみました。久しぶりにぐっすり眠れました。
夜中にトイレなどで起きる事が多いのですがその日は熟睡でした。
又、腰の違和感もありませんでした。
やっと体に合う布団に出会えたと嬉しくなりました。今も愛用しています。

そして掛け布団ですが、去年そろそろ替えようと思い、思い切って羽毛布団にしてみたんです。
そしたらあまりの保温性にびっくりしました。真冬なのに毛布がいらないんです。本当に暖かくて、時々汗もかくぐらい。
値段が1万~2万円ぐらいだったのでちょっと期待していたんですが、これは期待以上でした。

枕、マットレス、羽毛布団、敷布団(これは古い)のを全部合わせて、金額は大体4万5千円ぐらいでしょうか?
普段ぐっすり眠れるなら、これぐらいは許容範囲です。
もし新しい寝具をお考えでしたら、今の寝具の何処に不満があるか?自分の体の状態(腰痛・肩こり等)を考えた上で、お店で恥ずかしがらずに色々と使ってみる事をおすすめします。
皆さんの参考になりましたら幸いです。
さあ、今日もぐっすり眠りましょう

物理的に高いベッド

私が今使っているベッド、実は結構な高さがあります。
だいたい40cmくらいでしょうか。下に収納スペースがあるのでやむをえない高さなのですが、何をとち狂ったかこれまた背の高いマットレスを買ってしまったんですね。

なのでベッドとマットレス合わせて60cmくらいあります。高い。これは高い。
落ちたら危ない。実際何度か落ちました。その日は落ちた衝撃で目も覚め、とても早起きな一日となりました。

まぁしかし、高いベッド、高いマットレスにもちゃんとメリットはあります。
まずベッド。
収納スペースがあるというのが一番のメリットですね。おそらくこの収納がなかったら私の部屋の床面積は1畳分くらい減っていたことでしょう。

次にマットレス。ものによるとは思いますが、分厚いマットレスですからそれなりに寝心地はいいのです。
たとえ落下時にちょっと痛い思いをするとはいってもこの寝心地には変えられません。
ベッドとマットレス合わせて高さが普通じゃないベッドですが、少し高い位置で寝るというのもまた悪いものでもありませんね。

お手軽にできる寝具改良

部屋が狭くベットなどが置けない人もいることでしょう。
ベットを置くとスペースが限られ狭くなってしまいます。
中には折り畳みベットなど置いている人もいますがほとんどが布団を引いていると思います。
しかし布団を引いて寝るとやはりそこが固いために寝苦しく腰が痛くなることが出てきます。
これでは満足な睡眠が得られせん。
そこでお手軽な寝具改良は、高反発マットレスを引くことですね。

値段もばらつきがありますが高いほどよい低反発なのが売っております。
これを敷布団の下にひくことで体にかかる体重が和らいで腰などが痛くなくなるので疲れなどが取れやすくなるのです。

今まで猫語血が悪くて寝れない人は、試してみるとよいかと思います。
高反発マットレスは折り畳みのタイプもあり普段は壁などにかけておいて場所を取らずに済みますので節約にもなります。
せめて良質な睡眠を取るためにも寝具を工夫して快適に寝て一日の疲れを取り元気いっぱいの朝を迎えるとよいのではないでしょうか。

自分に合う枕を探しています。

私は現在「今使っている人がいるの?」と我ながら思う”パイプ枕”を使用しています。
どのような枕かをわかりやすく言うと、ストローを7~8ミリに切ったものが枕カバーの中に綿の代わりにたくさん入っているような感じです。

かれこれ15年は使っているでしょうか?通気性がいいですし、洗濯機でそのまま洗えるので清潔なのも気に入っているのですが、正直肩や首にいいか、それで安眠出来ているかはよく分かりません。

しかも高さのある枕では眠れない私は、そのパイプ枕も通常より量を減らした(と記憶している)ので、スカスカのペタンコです。
夫は私の枕を見るたび「それ枕なの?」と言いますが(笑)私は大きな不満がない=自分に合っている枕だと思って長年愛用しています。
ですがたまにショッピングモールなどで、枕専門店の前を通ると「ちょっといい枕も
欲しいな。」と思ってしまいます。

でも測定していい枕を買って、もし自分に合わなかったら。。。と思うと測定してもらう勇気が出ません。
こんな調子だと、あと10年はこのパイプ枕を使い続けてしまうかも、と思う今日この頃です(笑)